これからどうなるの?原宿、そしてミドリブラックモア

zipperが休刊を発表した。私はzipperを原宿の広報誌のようなものだと思っていて、親や校則が厳しくても、田舎に住んでいても、原宿を知ることができ、多くの中高生が自由で一番自分らしくいられるカワイイ原宿に憧れるきっかけとしてzipperは存在していたと思う。

ケラが休刊を発表した時と同様にツイッターではzipperの休刊を惜しむ声が相次ぎ、それと同時に原宿文化の衰退を危惧する声が多く見られた。

確かにここ5年の原宿は様子がおかしい。きゃりーぱみゅぱみゅのメジャーデビューと大物ギャルモデルの結婚、引退によるギャル文化の衰退により、「原宿」が一般的になっていた。いままで「誰かと同じ服を着れない」といった自意識が存在するひねくれ者が集う町だった原宿に、クラス委員長をするような、サッカー部のキャプテンと付き合うような普通の女の子が今までクレープを食べに来るだけだった原宿に服を買いに来るようになった。誰ともカブらないと思って買った目玉の缶バッチはクラスの三人とカブるし、急に派手なインナーカラーを入れる子も増えた。WEGOとスピンズは一時期コンビニより多いと言われるほどに原宿に店舗があったし、渋谷ギャルファッションのビックブランド、SLYとマウジーが入ったshelterがオープンしたりして、なんとなく「原宿儲かってきたんだな」と思った。

そんな様子で原宿が一般的になった事でいままでドロドロのアンダーグラウンドだった町に水が撒かれたように薄く広がっていった。最近では「原宿系」が何を指すのかいまいちわからなくなってきた。 

zipperやKERAの休刊はスマホ普及による紙媒体がどうのこうのもあるけどそういう背景があるなと思う。大量の一般人に飲み込まれてゴテゴテの原宿系の居場所は急になくなった。

そもそも原宿ファッションは「普通と違う」ことが大切で、これはファッション以外にも言える事だが「普通と違う」ことはそれなりに人生に摩擦が生じる。ゴス、ロリータは一着の値段が3万円とかが普通だし、スカートがかなり広がるので電車は座れないし、洗濯などもできないし、クリーニング代は普通の服より高かったりする。それでも着たい人が前は多かったから「原宿系」の人口はそれなりにいた。しかし今はそういう大量の一般人が原宿に現れた事によって盗撮されたり、悪く言われたり(そういう人は原宿が一般化する前からいたが一般化してからはそういう意見が目立つようになった)そもそも人が多すぎて原宿でゆっくりできなかったりなどその摩擦はどんどん大きくなって、ロリータに新規参入する人はどんどん減ってしまった。

そういう理由で世の中のロリータファッションを着ている人は減っている。そしてここからは私がロリータを着なくなった理由になる。

自分がロリータを着ていた理由はそのファッションが好きだからというより「普段の自分がカスだからそれをリセットして別人として生きるため」に着ていた。とにかく普通の服を着ている自分がいやで、ナチュラルメイクの自分がいやだった。だから派手な服と濃いメイクのロリータファッションは自分にとって救済だったし、ロリータファッションが好きだった。自分と同じ境遇の人がいるかもしれないからその人が手首を切る前に、部屋に引きこもる前に、比較的前向きな打開策としてロリータファッションという提案をするためにミスiDは頑張っていた。

しかしミスiD期間、ロリータを着ている自分を疑う事が時々あった。自分は無敵だと思っていたけど全然無敵じゃないし、そもそも何を着ても元の人格は同じなのだから着ただけで解決できるほど人生甘くないと思った。「自分に自信無さすぎ問題」の解決策としてロリータは不十分である事をこの手で証明してしまった。そして不十分なものを押し売るほどの図々しさは持っていなかった。

そうしてロリータを着る理由を失った私はほぼ「ロリータファッションという文化を途絶えさせてはいけない」という義務感だけでロリータを着ていた。おそらく今私と同じ年代でロリータを着ている人で若干の義務感を感じている人はいると思う。

しかし上記の理由もあってどんどんロリータが着にくくなっている状態でロリータを「無くしたくない」といって多少無理をしてでも着続ける事がそもそもファッションとして間違っていると思った。好きだからロリータを着る事と、ロリータを途絶えさせてはいけないから着る事では文化的側面ではかなり意味合いが変わってくる。義務感でロリータを着る事は不自然で、原宿文化の時間の流れを無理やり止める事になって、この後流行るファッションを殺す事になるからだ。

 なので私は無理なく着れる日が来るまで着ない事にした。仮にそれがロリータ衰退に加担する事になったとしても、それが本来あるべき姿だったのだと思う。悲しいけど、私も年をとるし、趣味だって変わる。あなたもそうでしょ?それなら私の事を責めないでほしい。私はコンテンツではないので。

そういう理由で私はロリータファッションをしばらく離れて、今は普通の服と普通のメイクと地毛で生活していて、だんだんそのままの姿の自分も好きになってきたと思う。自撮りはしなくなったけど。

最後に私個人の現状と今後についてですが、今は割と大学が楽しいので大学の軽音部の活動をそこそこ頑張っています。高校生ぶりにしっかり音楽を聞くようになって、結構音楽の事を考える事が多いです。そして今後は言語研究の大学院に行きたいのでそっちのこともやらないとまずいです(つまりやってない)。軽音部を頑張ってるって言ったけど普通に性格も好きな音楽もバンド向きではないのでDJみたいな、トラックメーカーみたいな、宅録女子みたいな、そんな感じの事にも興味あります(つまり何もしていない)なので…もし…そういうの得意な方がこのブログ読んでましたら…DM…待ってます…

もう2700文字も書いた。論文はまだ600字しかかけてないのに。

ここまで読んでくれてありがとうございました。まだもしもしボックスで働いているのでよかったら会いに来てください。主に毎週水曜日にいます。

ミスiD出ない方がいいって言ったけどあれは嘘

かなりひさしぶりにはてなブログにログインした。最後に更新されたブログからもう一ヶ月以上経っている。この前の記事はかなり迫力があるというか、僻みと言い訳ばっかりのかなり醜い文章で、それを見たくなくてブログからもミスiDからも離れていた。でも少し前に最終結果が発表されて、審査員からのコメントを読んだらなんだか懐かしい気持ちになって個人的な総括をしたいと思った。この記事がミスiDとしてミドリブラックモアの最後の活動だと思う。

 

midoriblackmore.hatenablog.com

 

度々、ミスiDは土俵を間違えたみたいな、私が戦うフィールドじゃなかった、インターネットじゃなくてリアルを生きる人間なんだからリアルを生きて何が悪いみたいな事をツイートしたりブログに書いたりしたけれど、それは多分ただの言い訳で、普通にミスiDがしんどくてこれ以上頑張りたくないからそれらしい事を書いただけだと思う。

セミファイナリストのイベント以降「インターネットじゃなくてリアルで生きるんだからミスiDはもう頑張れない」みたいなテンションで辞退に近い形でファイナリスト発表を迎えて、超人類のみなさん頑張ってくださいと思っていたけれど、グランプリが発表された後になって思うと、みんな超人類なんかじゃないなと思う。

ろるらりちゃんもうゆちゃんも、ゆうこすも、黒宮れいちゃんもみんな実在する人間で、みんなリアルを生きている。それにインターネットを活用できるかどうかだと思った。インターネットというルールもあやふやで無限に方法があるものをどう活かしていくか考える頭と、情熱があるかが私との圧倒的な違いだと思った。

そもそもリアルの生活があって初めてインターネットを動かす事ができる。今はてなブログを更新している手も、今考えている文章もAIではなくてリアルな私がインターネットに落とし込んでいる。インターネットはリアルと別の世界線の話ではなくてリアルの延長戦上の世界だ。ネットアイドルもユーチューバーも元は生身の人間なのだ。そしてインターネットにどう自分を落とし込むかなのかが大切なんだと思った。特に今回の2018はAIとかCGが出たりして、どんどんバーチャルがリアルに寄り添ってくる中で、私たちリアル側の存在がどれだけネットを使いこなせるかはかなり重大なテーマだったのかもしれない。

私はロリータファッションで学校に行ったりしないし、友達と遊んだりしないで、時々一人で勝手に着ているだけのものだったから、うまくインターネットに反映できなかったのだと思う。それを他のセミファイナリストと比較して勝手に落ち込んでいただけなのかもしれない。インターネットに落とし込むにはリアルの要素が少なかったのだと思う。それを他の出場者はそういうのに慣れてるからどうのこうのって文句を言うのは完全に間違い。単に私の実力不足。

 前回のブログで一般人はミスiDには出ない方がいいと書いた。一般人の女の子が急に地下アイドルと比べられて、何を審査員が求めていて、どうしたら多くの「ミスiDおじさん」が動いてくれるかを考える事は難しいく、自分に自身がなくなって、平凡な自分と平凡な自分の過去が嫌になってくる。でも全て終わってみるとミスiD出て良かったなと思うし、気になるならどんどん出た方が良いと思う。

ミスiDに出るといやでも自分の事をたくさん考えるようになる。自分が好きな事は何か、自分らしさとは何か、毎日夜遅くまで考える。考えないとインターネットに投影できない。良い年してそんな事で悩むなんて馬鹿馬鹿しいかもしれないけれど多分そういう事が考えられない人が量産型、没個性的な人間になってしまうのだと思う。それが悪いとは言わないけれど、私はそうなりたくないので20歳というタイミングで自分について深く考えられた事は大きな財産になる予感がしている。

地下アイドルと比べてツイッターのレスポンスが少なかったりちあが少なかったりして悲しくなる事もあるけど、逆に地下アイドルと対等に戦える場所がミスiDで、ただの学生の女の子が人生を大逆転できるチャンスがミスiDだと思う。だから私はもっと一般の子に出て欲しいし、出るなら最後まで本気でやって欲しい。 

ミスiD、出ない方が良いですよ

すいません出た方がいいです。自分はミスiDで評価される自信があったり、すでに芸能事務所に入っていたりする人はで出た方がいいです。でもそれ以外の人は出ない方が良いです。「ミスiDしか私を拾ってくれない」とか思わない方が良いです。拾われない事もあるので。

このブログを読んでいる人がどういう層なのかわからないけれど、仮に私をきっかけにミスiDを受けようとか思う人がいるのなら全力で止めます。今のままの方が絶対幸せだよ。

 

ミスiDの特にセミファイナリスト選考って大学のミスコンとかアイドルの新メンバーオーディションと違って、主にツイッターでの姿勢を見て決められるっぽいです。

いろんな人に驚かれるけど、セミファイナルになってから面接みたいな事は一回もなくて本当にSNS、(あとチアーズとかアー写.comとかも選考に入るけどそういうのはもっと可愛い子のやる事なのでさておいて)ツイッターとかを見ておもしれぇと思われた人がファイナリストに選ばれて、そのあとの面接にたどり着けます。

まぁつまりインターネットでの面白さが評価される訳。時々リアルの生活ではなくネットの生活に軸足がある人がいるけれど、ミスiDの特にセミファイナル期間はネットの評価が主なので、ネット>リアルになるちょっと珍しいオーディションです。

私もかなり幼い頃からインターネットと触れ合ってきたし、ふみこみゅから2ちゃんねるガルちゃんなどインターネット義務教育みたいなものをちゃんと受けてきたからネットは強いと思っていたし、ミスiD余裕じゃろと思ってました。

でもミスiDって現役アイドルとかもいっぱい出るんですよ。そういう人たちと比べられて評価されるの、普通にしんどいです。だってアイドルより私が可愛い訳ないじゃん、アイドルよりSNS運営がうまい訳ないじゃん。

いやアイドルの人も人間だし、ましては年下の子も多いしそれは単純に私の自己プロデュースができないだけなんだけど、それでも芸能経験の有無のハンデはかなり大きいと感じました。自分がめちゃくちゃ考えてツイートした事よりアイドルのおはよう〜のほうがいっぱいふぁぼられるのに、同じリストに入れられるのは本当に苦しいです。

ツイッターのふぁぼ数とかは審査に影響しないのかもしれないけど、それでも、後ろに何千のオタクがついているアイドルに勝てる気がしません。

セミファイナルになってからいろんなアイドルにフォローされたりリプ送られたりするけどこのインターネット芸能部で何年も過ごしていた超人類さんたちと普通に会話ができる状況の自分が逆に惨めだし何年も画面の向こうの人を自分のファンにさせるにはどうしたらいいか考えてきた人たちと何もしてこなかった自分を比べて自分の希薄な人生を嘆いていました。

とにかく、世の中が思っている以上に一般人には敷居の高いフィールドだし、一般人の方が参加するのはおすすめしないです。アイドルが好きなら、特に。

 

私に何か文句があるならそれを言語化する前に死んでくれ

先日ミス iD審査委員長?実行委員長?なんとか委員長の小林司さんからセミファイナリスト宛にメールが届いていたのでそのアンサーブログをここに記しておきます。

メールはミスiDで生き残るために何をしたらいいのかわからないみたいな意見があったからその助言として送ったのだと思います。内容をざっとまとめると以下の通り。

 

みんないろんな方法でアピールしててすごいけどできてない人もいて勿体無いよ

自分を発信する事が恥ずかしいと思うなよとりあえずやりたいこと全部やってみ

ツイッターでRTやふぁぼが平等じゃないのはごめんね

でも自分(小林さん)のツイッターは結構有名な人にフォローされているのでそこ意識するといいと思うよ

 

こんな感じだと思います。

私のツイッターのMidoriBlackmoreは完全にリア垢で、タイムラインには大学の先輩後輩友達はもちろん、小学校からの幼馴染で今では地元で保育士になっている子とかもバリバリいるし、リプライも来るし、私も「プール保育、日焼けヤバすぎワロタ」みたいなツイートをファボる。

そんな環境下でチアーズとかツイキャスとかやるのは、ちょっと恥ずかしいというか見られたくないと思うことはまぁあります。

「自分の事かわいいと思ってやってる」とか「芸能人気取り」とか単純に「痛い」とか、直接言われたことはないけれどみんな思ってるんだろうなという見えない悪意をヒリヒリ感じながらツイッターをしています。

ミドリは自己顕示欲がやべえと言われがちだけど逆に自己顕示欲が無い方がやべえよ。

逆に聞くけど、あなたは自分の事を誰にも知られないで誰にも認められず細々と生きていきたいんですか。いや、心からそうだと思うなら別にいいですけど、自分は他人からの評価を手放しているのに、私のことは評価するんですね。

 

目立ちたがりは謙虚ではない。自分の事を見て欲しいという欲求は気持ち悪いかもしれない。でもそれをうまく自分の中で消化して、まだセミだけどお前らより成功しているのだから私のことは放っておいてくれませんかね、なんならもっと好きになってくれ。だって私は可愛くないけれど私にブスじゃん?って言ってくるお前はもっとブスじゃん?

よく勝手に自分に自信がなくなってめちゃくちゃ死にたくなるけど、それを「見えない悪意」たちの影響にしたくないと思いました。自分の為に生きたいし、自分のせいで死にたくなりたい。

だから私に何か文句があるならそれを言語化する前に死んでくれ。

 

こういった具合でメールを受信してからなんかめちゃくちゃにキレたけど、誰にキレているのかは分からないです。「から怒り」。

直接ブスって言われるより、隣の子だけ可愛いって言われて自分は言われない方が辛い

 

タイトル通りです。

前から言っているように、私の妹はめちゃくちゃ可愛いので親戚の集まりとかで妹だけ褒められるとこはかなりよくある。妹だけじゃなくて、他の女の子と一緒にいて、その子だけ可愛い〜〜って言われるの、かなり苦痛じゃないですか?

いや、褒められている隣の子が自分より可愛い事はわかっているし、気を使って私を褒めろって事でもないんだけど、苦痛です。

「私も褒められたいのに褒められない」から悔しいし、褒められてる子の事を恨んでしまいそうで辛いし、なによりたかだか容姿の事でここまで悩んでしまうのが本当にダサい。今まで可愛くなるために費やした金も労力も返してくれ。

自分を誰かと比べ過ぎているのだというのは分かっている。妹には妹の良さがあるし、私には私の良さがある。もっと自分に自信を持って、「私は私、あなたはあなた」と思えたらこんな事は考えなくて済むんだけど、今のところそんな事はできそうにないです。134/2500に選ばれても、「自分に自信が持てない」なんて事で悩むなんて思わなかった。でも仕方ないよね、ミスiDセミファイナリストの中で自分が一番可愛くないんだもん。

ミスiDを受けることへの言い訳

これは私の過去のツイート。なんでこんな事をつぶやいたのかすら覚えていない。

そしてこの日私が投げたブーメランは短くはない時間を超えて私の頭を直撃する。

ツイキャスで話すと思うけど多分真面目に話せないだろうから真面目にブログを更新した。ちなみに今日は6月30日。ミスiDセミファイナリスト選考は終了したようだが発表はまだなのでこの文章はまだなにも確定していない状態で書いている。

セミファイナリストのなかに私がいなかったらこの文章は丸ごと黒歴史になるが発表前だから書けることもあるかなと思ったので書いている。眠い。

 

まずミスiDとは何か。ツイッターで検索するといろんな女の子がヒットするのでまぁそれらを見て察して欲しい。とりあえず美少女を決めるコンテストではないことが分かると思う。

 

知らない人からしたら信じられないと思うが主催者発表で4500が参加しているらしくてその中の250人が書類選考合格してカメラテストに進める。250人が講談社のスタジオで写真と動画を撮ってそれを審査員の人が見る。

ちなみに審査員には大森靖子さんやSKY−HIとか紗倉まなさんとか結構有名な人もいて、どういう基準なのかはわからないがその審査員が写真や動画をみて面白いと思われた人がセミファイナリストになっている。

ミスiDのセミファイナリストになるということはみんなが想像しているよりもかなりヤバいことなので次会った時めちゃくちゃに褒めてね。あとあんまりディスらないでほしいな、できれば。

 

ミスiDをなぜ受けたかというと完全に「自分へのご褒美」である。去年の秋から今までダイエットをして10キロ近く痩せてどう見ても可愛くなったので可愛い子にしか許されないこと1個しよう、どうせ書類審査で落ちるし来年は就活してるし。みたいなノリで締め切りを2時間くらいすぎた深夜に自己PRとかを書いて送信して、もうすっかり受けたことを忘れた時に書類審査合格のメールが届いた。

性格が最悪なので4500受けて4250人落ちたテストに受かったのは嬉しかった。私の下にそんなに人がいるのかと思うと笑みがこぼれる。その一方でツイッターにいるミスiDに落ちた人たちのツイートを見ていてみんな夢に向かって一生懸命でファンもたくさんいて、、、みたいな子が結構いたのをみて正直かなり焦った。

 

私はモデルやアイドルになりたい事は絶対に無い。私の妹がめちゃくちゃ可愛いので世の中私より可愛い子も細い子もセンスがある子もいる事は分かっている。その中で私が表に出る必要性はあまり感じないし、普通の大学生やってる今がかなり楽しいのでこれ以上なにかする必要は全く無い。

だがミスiDに応募した時とカメラテストまでにかなり状況が変わった。スイマーがなくなってしまうことが発表され、<追記>プトマヨもラフォーレのお店がなくなるらしい。前々からロリータの人が減った事は気づいていたけれど私たちが想像しているよりかなり急速に「ロリータの終焉」に近づいている。

「ファッションが終わる」

あなたはファッションが終わるところを見た事があるだろうか。

多分同年代の女の子はギャルが終わるところを目撃している人が多い。

ギャルだけではない、もっと昔になるとシノラーとか、たけのこ族とか、「終わったファッション」は意外とたくさんあって、結構簡単にファッションは終わる。

その中でロリータファッションだけが生き残り続けるのは少し不自然である。絶えず変化をし続けるからこそのファションであり、だから魅力があるのだから。

それを理解した上で、私はロリータファッションを延命させたい。

ロリータファッションは普段の服とかなり差があり、普段の生活がどんなにクソでも着替えるだけで別の生活を送る事ができる。SNSでアカウントを分けるのと似ている感覚だ。アイコンが変わるとテンションが変わる様に、服装で「アカウント」を分けている。

素顔と離れた濃い化粧は自分の顔に自信が持てるし、派手な服は自分の体型を世間の目から守ってくれる。

そういう「普段とは違う自分」を持つことでなんとか「普段」を生きているので、私のために、自分のエゴで、ああいうPR動画になりました。まだ見てないけど。

 

ここまでで約2000字。ちょっとしたレポートくらいの文量になってしまって申し訳ないです。読んでくれてありがとう。これ、セミファイナル落ちたら公開できないんだけどそしたら何かの授業の期末レポートとして提出しようかな。しないけど。

 

 

 

ブログを始めた経緯

日記は続いた事がないし、ある日を境に更新を止めた私のブログがいくつかネットのゴミとしてどこかに漂っていると思う。

そんな私がまたブログを始めました。

ツイッターで書ききれないことを書いていこうと思ってます。

それにしても暑い。